木村のこだわり

木村ピーナッツ

お取寄せ

キムピーパパの話

【当園は落花生に適した恵まれた環境】
房州の潮風と(畑が)太陽側に面しているため良い落花生ができます。
千葉の地形と上手く合っているため、健やかに育つわけです。

千葉半立種について

さや風味が高く、口ざわりの良い最高品種の落花生として有名。
房州地方は9割ほど千葉半立種を栽培。当園でも長年こだわりを持ち続け、
自慢の千葉半立種の落花生を育てております。


ピーナッツの生産は千葉県が全国の70%

あまり知られていない話ですが、実は日本の落花生は、ほとんどと言っていいほど千葉県で栽培されているのです。その千葉県の中でも栽培から製造、販売まで一貫してやっているのは「木村ピーナッツ」だけなのです。
子供のように育ててきたピーナッツ達が商品になっていくのが、私達の一番の喜びなのかもしれません。

収穫時期

早稲が8~9月
千葉粒が10月末~11月初め


「おいしさの秘密」にクローズアップ!

畑で収穫された落花生は自社工場に運ばれ、美味しい商品へと加工されていきます。

手剥きにこだわる理由

実を取り出すためには殻を剥きますが、ここが木村の一番のこだわりです。

ピーナッツは傷がついてしまうと、そこからピーナッツの旨みの脂が逃げていってしまいます。
木村ピーナッツでは”旨味である脂”を大切にしています。

今では、綺麗に殻を取ることができる機械も開発されて、とても便利になりましたが、私たちは従来どおりピーナツに傷がつかないよう、手で裂くことにこだわっているのです。ピーナツにこだわり続けている私たちだからこそ、守り続けている伝統の味があります。

このような努力が認められ「手むき塩ピーナッツ」は平成10年に千葉県優良県産品推奨協議会から推薦状をいただきました。


栽培から製造、そして販売まで全て自分たちで・・・

お徳用からギフト品までさまざまな商品があります。
木村ピーナッツだから美味しい!ピーナッツ一筋だからこそ、
自慢できるこだわりの味があります。
個性豊かな落花生たちでお待ちしております。


キムピーパパの話

【当園は落花生に適した恵まれた環境】
房州の潮風と(畑が)太陽側に面しているため良い落花生ができます。
千葉の地形と上手く合っているため、健やかに育つわけです。

千葉半立種について

さや風味が高く、口ざわりの良い最高品種の落花生として有名。
房州地方は9割ほど千葉半立種を栽培。当園でも長年こだわりを持ち続け、自慢の千葉半立種の落花生を育てております。

ピーナッツの生産は千葉県が全国の70%

あまり知られていない話ですが、実は日本の落花生は、ほとんどと言っていいほど千葉県で栽培されているのです。その千葉県の中でも栽培から製造、販売まで一貫してやっているのは「木村ピーナッツ」だけなのです。
子供のように育ててきたピーナッツ達が商品になっていくのが、私達の一番の喜びなのかもしれません。

収穫時期

早稲が8~9月
千葉粒が10月末~11月初め

「おいしさの秘密」にクローズアップ!

畑で収穫された落花生は自社工場に運ばれ、美味しい商品へと加工されていきます。

  • 1.畑:落花生作りには温暖な房総半島の気候が最適です。
  • 2.収穫:掘り出した落花生は畑で天日干しします。
  • 3.手剥き:豆に傷が付くと旨味が逃げるので、一粒一粒手剥きにこだわります。
  • 4.選別:粒の大きさを揃えながら品質チェックをしていきます。
  • 5.煎豆:熟練した職人が最高の旨味を出す為に真剣勝負です。
  • 6.出荷:木村ピーナッツ自慢の商品の出来上がりです。

栽培から製造、そして販売まで全て自分たちで・・・

お徳用からギフト品までさまざまな商品があります。
木村ピーナッツだから美味しい!ピーナッツ一筋だからこそ、自慢できるこだわりの味があります。
個性豊かな落花生たちでお待ちしております。

手剥きにこだわる理由

実を取り出すためには殻を剥きますが、ここが木村の一番のこだわりです。

ピーナッツは傷がついてしまうと、そこからピーナッツの旨みの脂が逃げていってしまいます。
木村ピーナッツでは”旨味である脂”を大切にしています。

今では、綺麗に殻を取ることができる機械も開発されて、とても便利になりましたが、私たちは従来どおりピーナツに傷がつかないよう、手で裂くことにこだわっているのです。ピーナツにこだわり続けている私たちだからこそ、守り続けている伝統の味があります。

このような努力が認められ「手むき塩ピーナッツ」は平成10年に千葉県優良県産品推奨協議会から推薦状をいただきました。